メニュー

架空請求って一体どういうこと?

架空請求はまったく使ったことのない物事に対し請求をしてくる詐欺です。存在しない架空の未払い金について督促を行う、一種の悪徳手法であります。一切サービスを利用していないものが架空請求で、有料とはわかっていても法外な料金を請求されるのは不当請求なので区別しなければなりません。

 

架空請求をしてくる場合、メールでの請求だけではなく、手紙などで請求を求めてくることもあります。家族や職場にバレると恥ずかしいという心理を巧みに利用しているので、恐くなってくるかもしれませんが、電子消費者契約法を見れば、利用規約にも法的拘束力はないということがわかります。
規約違反だとか裁判だとか言われても、絶対に無視してください。

 

架空請求を受け取ったときの対処法

架空請求が来たらとにかく返事をせずに無視するのが最も効果的な対処法です。基本的に架空請求には支払う義務はまったくありません。怖くなって返事をしてしまう人もいるようです。不用意に返事をすると業者から目をつけられ、架空請求を送ってくる頻度が上がってしまいます。

 

返信することで、パソコンに詳しい方から情報を抜き取られ、悪用や脅迫されることにもなりかねません。電話が自宅にかかってくると、住所も相手に知られてしまいます。

 

いずれにせよ、もし電話などあった場合はすぐに電話を切って着信拒否にしましょう。

 

そして、架空請求は完全無視と断固拒否。これが一番です。あまりにもしつこい場合や心配な方は国民生活センターに相談しましょう。

 

ただ、要注意なのは少額訴訟です。これは法的手段に出ているので、無視するとこちらが不利になります。消費者生活センターに相談するなど、すぐに対応を考えて動きましょう。