メニュー

出会い系=「サクラがいるから本当の出会いはない」って本当?

サクラとは利用者のフリをした従業員、またはプログラムのことです。顧客のメールやアクションに対して、さも出会いを求めている人であるかのように装い、メールの返信をしてきます。サクラが多くの出会い系サイトに存在するのか否かといわれると、間違いなく存在しています。

 

実際、サクラのアルバイトをしていた人物を知っていますが、男性でありながら女性のふりをして返信をする仕事をしていました。
サクラを使っている出会い系サイトは間違いなく悪徳サイトです。もし相手がサクラだと思ったらすぐに退会か利用停止を勧めます。

 

サクラがいる可能性が高いのは無料のサイトです。また、有料サイトでは定額制よりもポイント制のサイトに多くいる傾向が強いです。興味があるふりをしてポイントを使わせて儲けを出すのです。まさに悪徳商法ですね。とにかく、サイト内にサクラがいると感じたら、即やりとりを中止しましょう。決して相手の甘い誘いに乗ってはいけません。

 

サクラを見破って、安全なサイト選びをするようにしましょう。

 

サクラがいるサイトの特徴

どのように出会い系サイトでサクラが使われているのか、特徴を見てみましょう。

 

まず、サクラはメールを大量に送ってきます。ほぼスパムメールのようなものです。登録した瞬間からたくさんのメールが来ることもあります。なにもやりとりをしていないのに1通目から「今から会おう」だとか「お金を払うからホテルに行こう」といった呆れるメールを送ってきます。そんな言葉を信じてはいけません。

 

無料サイトにも多くの悪徳業者があります。ほとんどの場合が悪徳なポイント制サイトに誘導するためだけに作られたものです。なので、誘導されるサイトはサクラがいる可能性が高いです。もちろん無料サイトでも使えるサイトはたくさんありますが。

 

ポイント制サイトも悪質なものが多いです。無料サイトからの誘導もそうですし、料金が異常に高いものも悪徳であると言っていいでしょう。利用料金表を見るとメール1通250円もしくは25ポイントなど高額になっています。こんなサイトには絶対にサクラがいます。サクラを雇うのも安くはないので、料金が高くなるのでしょうか。サクラがいないサイトは1通せいぜい50円です。これさえ憶えておけばボッタクリのサクラ常駐サイトに騙されることはないでしょう。