メニュー

電子消費者契約法で出会い系サイトの契約無効を主張できる!

電子消費者契約法はネット上の電子商取引などで、利用者が操作ミスなどをした場合に契約を無効とできるよう救済を定めた法律です。不当な説明で入会してしまったり購入してしまった場合や、無料だと思ってクリックしたら料金を請求された場合などで、利用者は民法の錯誤の規定第95条を用いて、事業者に契約の無効を主張することが可能です。ただ、ちゃんと理解していたなどの重大な過失があれば契約の無効は成立しませんので注意してください。 申込み内容確認画面や、契約内容を説明した画面などを表示させて業者は消費者が操作ミスを起こさないように防止する措置を講じなければなりません。もしこれらを講じていないときは、利用者に重大な過失があっても契約を無効とすることができます。

ワンクリック、ツークリック詐欺も無効にできる

ワンクリック詐欺、ツークリック詐欺は悪質なサイトにアクセスし、ボタンをクリックするといきなり料金請求の画面が表示される手法の詐欺です。IPアドレスとホスト名が表示され、恐くなって支払ってしまう人も少なくありません。 ツークリックの場合はポップアップ画面が表示され、料金や規約の確認をさせたのちに料金請求の画面を表示するので、業者側は操作ミスを起こさない対策を講じているようにも見えます。しかし、民法の錯誤の規定第95条の主張ができるので契約成立とはなりません。 そもそも悪質詐欺サイトの利用規約には法的拘束力がないと言えます。そのため錯誤無効の主張が可能です。利用者側に支払う義務はありません。万が一クリック詐欺に遭ってしまっても無視が一番。恐くなって連絡を取ってしまったら脅迫される可能性もあるので、放っておきましょう。