メニュー

出会い系サイトに登録する際は年齢認証が必要

ずっと前は出会い系サイトに登録する際に年齢認証といった、年齢の確認作業はまったくありませんでした。 しかし、改正出会い系サイト規正法(インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律)が施行されたため、平成21年2月1日以降に出会い系サイトに登録する際には年齢認証の手続きが必要になりました。法律の名前通り、未成年者が犯罪に巻き込まれるケースがあったため、このようになったのです。 これは利用する側にとってもメリットかと思います。出会った相手が未成年だった場合、知らずとも刑事責任を問われる可能性も否定できません。楽しいはずの出会い系で人生を棒に振ってもつまらないですよね。そういった事態を未然に防ぐためにもとても必要であると思います。 登録の際に年齢認証を行うので、年齢を証明できるものを用意しておき、それらをスキャンして準備しておきましょう。

登録時の年齢認証の方法

年齢認証に必要な書類は次のようなものがあります。
・運転免許証 ・パスポート ・各種健康保険証 ・年金手帳 ・外国人登録証明書 ・住民基本台帳カード
必ず公的な身分証明書でなければなりません。これらは年齢を確認する目的でのみ使用するので、生年月日、発行元の名称、証明書の名称以外は送る必要はありません。 運転免許証やパスポートならば住所や氏名などは隠しても問題ありません。むしろ隠した方がいいのではないでしょうか。フォトショップや、ウィンドウズに付属しているペイントソフトを利用してカットするか塗りつぶしてしまいましょう。 年齢が確認できる書面をスキャンして加工した後、画像データ(写メなど)を電子メールで送信します。FAXや郵送で受け付けているところもあります。また、運営会社によってはクレジット決済を選んだ場合、それによって年齢認証ができ、身分証の提出は不要なところもあります。